読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

iPhone 6sと古いBru-rayレコーダーを売ってみる

やっとiPhone SEが来て快適なスマホ生活が戻ってきた。実を言うと、6sにしてからスマホを弄る時間が極端に減っていたんだよね。家にいる時はKindleアプリで本を読む以外、ほとんど触らない。外出時のみだったから。ニュースもブラウジングもほとんどMac。それかたまにiPad mini。iPad mini Retinaは個人的に、軽くて使いやすくて超有能。結局、ゴテゴテしてしまったが、とりあえずこれで行こう。Suicaも使えるし。

f:id:rei1963:20160402055124j:image

デカい画面を使うために苦労した日々。懐かしい・・ことはまったくない。まだ最近だし。

blog.rei1963.net

 

blog.rei1963.net

iPhone 6sと古いBry-rayレコーダーを売る(少しは購入資金に)

さて、iPhone SEに短期間で機種変するのだから、ある程度費用を捻出したいところ。

で、いつもの通り、iPhone SEが発売決定した後、例によって今の6sは売ることになる(早ければ早い方が良いだろう)んだろうなぁ・・勿体ないことをした・・と思っていたんだけど、他にも売れるものは無いだろうか?とハタと考えた。ヘッドホンとイヤホンは大量に買ったけれど、気に入らないものは友人にあげたり、古いものは廃棄。そもそもほとんどが1万円前後の価格帯で、飛び抜けて高かったのが10proとIE8くらい。まあ、カスタムIEMは売れないし。残ったものはイヤホンが6本とヘッドホンが7本。どれも愛着があるし、買ってある程度使ってみて合わないなと思ったものは友人にあげたり廃棄していた。

じゃ、他には・・と考えたが、基本的に「壊れるまで使う、場合によっては修理に出すか自分で直す。壊れたらサッサと廃棄」ということにしているので思いつかない。じゃ、最近、何か買い替えたものは?ということで思い出したのが古いPanasonicのBlu-rayレコーダー。機能的には2チューナーだけれど500GBの容量で6年前の製品だ。

昨年末に新しいBru-rayレコーダーを買うまでは、手持ちのレコーダーが3D対応していなかったので、3Dプレーヤーだけ中古で買って使っていた。まあ、その時点で3Dプレーヤーも安いってほどじゃなかったし、レコーダーそのものを買うべきだったよなぁ・・と、今になって思う。ちなみに3Dプレーヤーはそもそも家人のものだし、既に価格が付かないっぽい。

とりあえず相場価格の調査と見積もり依頼

こんなもの、値段が付きはしないだろうな・・と思っていたんだけど、まあ、一応と思ってネットで検索してみたら、状態が良ければ8,000円ほどで売れることが分かった。購入したのが確か5年以上前。2チューナーだけれど3D対応じゃないし、最新機種のようにLAN上でコントロールできるような機能もない。ただ、丁寧に使っていたので擦り傷があるくらいで、動作には問題がない。付属品は箱は流石にないものの、残りは全て保存してある。マニュアルも基本的にPDFファイルのものを使っていたので、設置時に少し参照したくらいでほぼ新品。ということで売ってきた。ちなみに売った先は、いつも使っている「じゃんぱら」さんである。

じゃんぱら 買い取り案内 

http://www.janpara.co.jp/buy/

しかし、ここで少し問題発生。僕は足が悪いのである。

Panasonicのレコーダーは本体が小さくて軽いので持てないことはない。ただ今の僕は足も悪いし、また、それによって若干健康状態があまり良くない。つまり薬等で症状を緩和しないと電車には乗れないのであった。土日ならレンタカーを家人に借りてもらうことができるのだが(クルマの受け取りに行ってもらわないとならないので、それはいつも家人にお願い)、土日の都内は混雑していてやっぱり無理。できれば平日に行きたいのだが、よく考えたらそもそもクルマを借りたらそれだけで赤字が出てしまうじゃないか。

 

じゃ、宅配で。そう考えて値段を調べてみたが、1,500円くらい。うーん、相場価格通りに売れたとしても何分の1かはもってかれるし、実際に本体を見てもらわないとなんとも言えない。

 

色々と考えていても仕方がない。外出できそうな体調の時を見計らって、その上で薬を飲んで行けばなんとかなるかも知れない。場所も秋葉原だから電車も30分我慢。そう考えたのが一昨日のことである。

とりあえず売る店舗は決まっていたので、そこに見積もり依頼を出す。回答は箱無しと傷ありで最高額が7,000円ほど。

 

前のエントリーにもあるが、iPhone SEを買ったのでiPhone 6sは売りに出すことにしていた。64GBで相場が6万円を越す。こいつもどちらにしろ持ち込みのつもりだったので、ついでだから良いか・・という結論になった。

Bru-rayレコーダーとiPhone 6sの清掃でトラブル発生

さて、レコーダーはまずは外観をキレイに掃除し、細かい部分のホコリはエアーダスターで吹き飛ばした。B-CASカードには個人情報が入っているのであらかじめ抜いておく必要がある。後は付属品を用意し、持ち運びができるように外観を簡単に緩衝材で梱包しておいた。キレイにしてみると思った以上に擦り傷がある。うーん。

 

次ぎにiPhone 6s。これは買って半年だしケースに入っている上に僕としては珍しいことにガラスフィルムを貼ってあった。問題無しだろう・・と思ってガラスフィルムを剥がして清掃したら・・ガラスに傷がある・・。これは理由が分からない。フィルムの上から?そんなバカな。何となく6/6s本体の液晶パネルはどうも柔らかい印象があったのだけれど、そのせいだろうか?画面の下側に斜めに入る傷と、ガラスフィルムが覆いきれなかったエッジの部分にもいくつか傷がある。

今まで、6s以外にもずっと3からiPhoneを使っているけれど、フィルムなぞ付けたことがない。だけれども画面に傷なんて付いたことは一度も無かったのだ。これ、ちょっとショック。というかだいぶショック。

まあ、今更何を言っても仕方がないのでとりあえずiPhone 6sは初期化しておいた。これも頻繁にやっていることなので書かないが、以下を参考にしてもらいたい。

ascii.jp

さて、手持ちで運搬

そして当日。他の予定もあったので、どうしても通勤時間帯。混雑もあるしちょっとイヤだな・・と思っていたら案の定。優先席は睡眠席に変わっていたし、一人だけ起きていたゲーム機を弄っていた青年はゲームを起動したまま狸寝入りモードに瞬時に移行。結局、座ることはできず、降りた秋葉原は乗換駅ということで激混み。ずっと立っていた足の痛みのせいもあって遅めに歩いていたら歩きスマホの若い男性に後ろから突き飛ばされて転倒。線路に落ちなくて良かった。通りかかりの他のサラリーマンに助けて起こしてもらった(感謝!追突した若い男性は無視してそのまま通過)が、それだけで疲れてしまった。つい最近でもこんなニュースもあるんだし、いい加減日本も刑事罰にするか、各種センサーで移動時には使えないようにして欲しい。前から来ても平気でぶつかってくのだから。ついでに言えば優先席で寝ているやつらも刑事罰でお願いしたいところだ。JRは「善意で成り立ってますから」とばかり言うがそんな「善意」は今の世の中にはほとんど存在しない。JRさん、これ、読んでません?

pc.watch.impress.co.jp

www3.nhk.or.jp

査定開始

さて、機器類を持ち込んで査定に入る。混雑具合にもよるが、通常だと1時間待ち。今回は平日の朝だというのに1時間半待ちだった。とりあえず商品の見た目については事前に説明した通りだったのだが、iPhone 6sを良くみると角の部分に凹みがある!いや、これも気が付かなかったし、画面と同じく買ってすぐにケースに入れていたのに。何故?筐体も弱いことは会社の検証機がやたら凹むので知ってはいたが・・。

待つこと1時間半。座るところも無いしちょっとキツイ。仕方がないので席の空いている喫茶店でコーヒーブレイク。また余計な出費だ。

待つこと1時間半。結局、Bru-rayレコーダーは傷の部分で200円落ち。予想では1,000円以上は確実に落ちると思っていたのでこれは予想外。

問題はiPhone 6sだ。凹みよりも画面の傷の部分が減額の大きな対象となったようで、相場から2万円近く下がった。うーん、あまりに予定外。

おわりに

結局、古い機器を売ればiPhone SEの購入に関しては費用の持ちだし部分の最良の場合は5千円程度・・と思っていたんだが、結局それよりも1万円ちょっと多目の持ちだしになった。正直ガッカリ。

iPhone 6sは3D Touch採用のせいか、液晶のタッチ感度が微妙に鈍いと思いません?会社の検証機器類を取っ替え引っ替えずっと触っていてそう感じていた。もちろん動作にとっては必要充分なのだが、そのため柔らかい素材のガラスを使ってるんじゃ?と思えてしまう。なのでそれに更に厚めのガラスフィルムを貼るとうまく認識されないことがある。むしろ、傷は付くけれど普通のフィルムの方が良いかも。まあ、その場合は傷は付きやすくなるが。

また、エッジがラウンドしているため、エッジ部分までカバーするガラスフィルムは少ない。傷が付きやすいのが事実だとしたら、もし、今後の機種変で売りに出そうと思っている方はその辺も考慮した防御をした方が良いと思う。

ちなみに、会社の検証機(数十台)が結構曲がってたり凹んだりしてるので、カバーは必要だと思う。あの大画面は人によっては魅力的だし、その分、防御もしっかりしたいところだ。

ただ個人的には、それはクルマを新車で買って、ビニールを被せたシートを剥がさないまま使っているようでイマイチ好きじゃないが。せっかくのシートの質感が楽しめないじゃないか。それに、ただでさえ大きい6sが頑丈なケースで余計にデカくなる。まあ、利用用途や個人の趣味もあるのでその辺は好きずきなのだろうが。僕は「Suicaを同時に持ち歩きたい」というただその一点で薄めのケースを仕方なく使っている。本当は裸のまま使いたい。せっかく美しい製品なので、わざわざ覆うことはしたくない。

関係ないが、ほぼ一日使ってみて、やっぱり僕の手にはiPhone SEがピッタリだと再認識できた。そもそも仕方なく買った6sでもある。しかも5sに比べて爆速。実に使いやすい。これが世に出てきたことを感謝したい気分。もう小さいiPhoneは諦めていたから。