南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

突然、蕁麻疹が!(微グロ写真あるので注意)

昨夕、ちょっとベッドに横になったらいきなり蕁麻疹が。最初は脇の辺りに、そこから徐々に全身に広がった。痒いことカユイこと。ちなみに、朝には治まったが、今また出始めている。もちろん昨夜よりは軽度だが。

 

実は以前にも経験があるんだけれど、最初は腕の内側にポツリと蚊に刺されたような赤みのある腫れができる。もちろん痒い。で、それが短時間で徐々に身体に広がり、顔面を除くほとんどの箇所に広がるのだ。もちろん痒くて痒くて仕方がない。それでも掻いたらもっとひどくなるのは虫さされと同じ。かなりツラいものがある。

f:id:rei1963:20151013221915p:image
以前はちょっとストレスを抱え込んで仕事を休んでいた時で、数回出たことがある。病院で検査をしたが特に要因らしきものはなし。食べ物のアレルギーも考えたが何も食べていない状況でもでる。結局その時には心因性とのことでストレスと疲れが要因だろうと主治医が結論づけた。
 
あれから既に20年近く経っていたのだが久し振りに出た。旅行で疲れていたのもあるけれど、日頃のストレスもあって昼頃にちょっと横になろうとベッドに横になった。30分もしないうちにそこいらじゅうが痒くなってきて、身体を見ると明らかに蕁麻疹が・・。
 
こうなったらとにかく冷やす。氷で冷やすのが良いんだけれど、身体中となるとそうもいかない。とりあえず水シャワーでいったん冷やし、少し痒みが治まるのを感じたので、後はひどい部分はアイスノンで冷やし、何度か水シャワー。抗ヒスタミン剤が効くのは分かっているので、花粉症時に飲んでいたものを服用。ステロイド系の軟膏があれば塗りたいところだが、手元に無いしとにかく外には出られない状況なので冷やす。これを繰り返すうちに徐々に治まってくる。もちろん逆にお風呂に入ったりして温めたり、お酒を飲んだりすると悪化するのでやらないこと。仕組み的には以下のような解説もある。
 
通常、こういう状態になると僕の場合は数時間で治まって、翌日にまた発症してを数日繰り返す。とりあえず朝の時点で腫れは退いていたので会社に出勤。仕事の帰りに軟膏を購入してきた。
 
蕁麻疹というと食べ物やアレルゲンによるものだと思われがちだが、ストレスや疲れでも起きることがあるのである。だって、昨日は朝からコーヒーと水しか口にしていなかったのだから。
 
ストレス性の病気になったことがある人は分かるけれど、ストレス性って本当に色々な症状もある。代表的なものはうつ病だろうけれど、ちょっとした身体の痛みや発熱、頭痛などもあるし、とにかく身体が色々な方法を使ってSOSを出す。
 
日頃からストレスをため込まないように・・というのを意識して行うの無理だろうから、自分なりのストレスを和らげる方法を見つけておくと良い。音楽を聴くとか温かい飲み物を飲むとか、マッサージに行くとか。ネットで「ストレス解消法」で検索してみると良いが、本当にこれはその人による。だから自身に合った方法があると思うので日頃からストレス解消を心がけて欲しいと思う。
 
僕は死ぬほどの目にあったので分かるのだけれど、ストレスを軽視しない方が良い。まあ、オジサンからのヒトコトでした。