読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

AppleWatchからSuicaが消えた!・・が無事復旧(iPhoneSEの場合)

いつものように駅に向かい、Suica対応の自販機からミネラルウォーターをAppleWatchのSuicaで買おうとしたのだが反応しない。あれ?と思って念のためにとサイドボタンをダブルクリックしたところ・・「このiPhoneにはApplePayで登録されたカードがない・・」みたいな表示がされた。正直、ちょっとパニクってたのでAppleWatch/iPhoneの画面を保存するのを忘れた点はご勘弁を。だってこれ、Suica定期券も消えたことになるのだから。誰だって慌てるっしょ??

で、ちょっと落ち着いて考えてみた。「その前に何かやったか?」である。すぐに思いついた。iPhoneからiCloudのサインアウト/サインインをしたのだ。これは、よくある(よくあっては困るのだが)「ユーザー辞書が消える」問題があって、僕はあまり気にしてはいなかったのだが家人のiPhoneがバッテリー交換から戻ってきた際に、案の定、ユーザー辞書が消えていた。もちろん家人は気にしていたので、自分のも直るかな?と思い、よくする対処方法としてiCloudのサインアウト/サインインしてみたのである。しかしユーザー辞書は戻らなかった。これが契機になっていると考えた。

 

ということで以下を試してみたところ、無事に復旧したので一応書き記しておこうと思う。出先で微妙に慌てていたのでどこか抜けていたらご勘弁を。

iPhoneのWachアプリから「追加」操作で戻る

まずはiPhoneの「Watchアプリ」から「WalletとApple Pay」を選択する。この時点で「JR東日本アプリ」には登録されたSuicaがない表示になっている。

f:id:rei1963:20170104155538j:plain

次ぎに「カードを追加」を選択。正直、追加するわけではないので違和感はあるが、これで戻ったのは事実。こういう手順はシッカリと周知して欲しいものだ。初めての人は絶対に分からないんじゃなか?これ。

f:id:rei1963:20170104155548j:plain

次ぎに出るのがこの画面。ここで「次へ」を選択すると、どのカードを追加するのかを訊いてくる。

f:id:rei1963:20170104155654j:plain

それがこの画面だ。戻したいのはSuicaなので、「Suica」を選択する。すると、センターと通信をし、現在使用中のカードを問い合わせているようだ。

f:id:rei1963:20170104155750j:plain

しばらく待つと画面が更新さえる。それがこれ。説明が少なくね?

f:id:rei1963:20170104155904p:plain

同時にAppleWatch側にも通知が届く。

f:id:rei1963:20170104155943p:plain

で、無事に戻ったようだ。

f:id:rei1963:20170104160015p:plain

いやこれ、分からんだろ?実際。無くなったものを「追加」操作って凄く違和感がある。実際に戻ったから良いのだけれど、これを直感的にできる人はいないと思う。僕は記名式Suicaを選択してあるわけだし、最悪、駅に行ってJRに問い合わせてみれば良いだろうくらいの気持ちでやった。チャージの金額が少なかったこともある。これが大金だったら(そもそもそんな大金をオートチャージ設定はしていないが)恐くてこんなに色々と弄れない。

とりあえずAppleWatch側を確認するためにサイドボタンをダブルクリック。無事に戻ってる。ここに冒頭に書いたようなメッセージが表示されていて使えなかった。

f:id:rei1963:20170104160337p:plain

念のため、JR東日本アプリの画面でも確認してみる。無事に定期券が戻っているのが分かる。その場で確認したのだがスクショが撮ってなかったので時間がずれているのはご勘弁を。

f:id:rei1963:20170104160510j:plain

いやぁ、冷や汗が出ましたよ。マジで。定期券の有効期限は残り少ないし、チャージ金額も少ないのだけれど、これが消えて無くなるだなんて考えるとやっぱり恐い。

情報がセンター側にあるので、機種変や復元などでイチイチ手間がかからないで簡単に戻せるのは一度やってみて分かっていたのだけれど、それでも一瞬パニクった。特にiPhone7ではなくiPhoneSEを使っているところがミソで、iPhoneSE側のWalletアプリにSuicaの登録が無いからだ。これも不安にさせる要素の一つだと思う。

ただ、同時に情報がセンター側にあって、いつでもすぐに戻せるのはやはり良いことだとも思った。もう忘れてしまったが、ガラケーの時にモバイルSuicaを使っていて、機種変のたびに面倒な作業があった(ような記憶がある)のも昔の話しだなと感じた一瞬でもある。同様の症状になった場合、慌てず騒がず・・というのも無理な話なので、いつかどなたかの参考になればと思います、ハイ。