読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

日本人はどんなニュースに興味があるのか?

心とか社会とか

毎日RSSリーダーで様々な分野の記事を読む。で、当然、毎日の「ニュース」を見るのだけれど、自分にとって「意味のある」記事が少なくなったよなぁ・・と思う。多くが芸能、スポーツ、ゴシップ記事だから。

そう言えばこんな記事があったのを思い出した。

記事の日付を見ると「2016年4月26日」とある。そうそう、確かその辺りに読んだ記事だ。

beinspiredglobal.com

やっぱり最近の日本の報道って、芸能ニュースやゴシップが同等に扱われるよなとは思う。まあ、ネットの情報についての信頼性がどの程度か?というのもあるし、様々な記事を読んで多面的にニュースの真偽を読み取るチカラは当然必要としても、この数字を見せられるとちょっと恥ずかしい。まあ、当然「政治に詳しければ偉い」というわけでも無いが、少なくとも自分の今後の生活を考えるための一助にはなるだろう。

例えばgooニュースとかの最新版を見ると、「トップ」で見れば様々に分類された記事が出てくる。分類されていると良いね。これはまあ、納得というか便利。

news.goo.ne.jp

それが「今日のニュース」になると・・。

news.goo.ne.jp

今、これを書いている時点で22件のニュースがある。分類としては以下。

  • 国内政治:2
  • 国際政治:3
  • 芸能:6
  • スポーツ:3
  • 国内事件:2
  • 国際事件:1
  • 経済:2
  • ゴシップ:2
  • 天気:1

ちなみに数日前は政治ゴシップが凄く多かったのは皆さんも実感しているだろう。

で、「ランキング」もあるのでそっちも。以下、順位で書いてみる。

news.goo.ne.jp

  1. 国際事件
  2. 芸能
  3. 芸能
  4. 芸能
  5. 国内政治
  6. 国内経済
  7. 国内政治
  8. 国内経済
  9. 芸能
  10. 日常生活

ネットニュースとは言え、通常の報道機関のものを読んでいるので似たようなものだろう。これが今の「ニュース」だ。

そう言えば、以前に読んだ記事でこんなものがあった。微妙に古いが。

www.garbagenews.net

これを読んでみると、日本のテレビや新聞、雑誌はとても信頼度が高いらしい。まあ、最新のデータだとどうか分からないが。その反面、報道の自由ってことで考えると、先日こんな記事もあった。

ecodb.net

なんと日本は72位。テレビや新聞などの信頼度は高いのに、報道の自由度は低い?これはどういうことを表しているのだろう?そもそも、この調査を対象とした年齢層はどのくらいなんだろうか?

今はネットから情報を得る機会が多くなっている時代だ。と言うことは、信頼度についてはそもそも新聞やテレビを良く見る高齢者の世代、報道の自由に関しては基本的にジャーナリズム側に立った数字でもあり、そもそも作り手が「報道の自由が無い」と言いつつ「信頼度は高い」なんて状態を作り出しているのではないかと思える。

 

これから考えるに、様々なことは意味づけを持って恣意的に流れているのだろうな・・という想像がある。僕でさえそう感じるのだから、全世代に問うたら信頼度なんて実際にはもっと低いんじゃないだろうか?例えば若者だとどうか?

www.garbagenews.net

これはこの通りで、今の若者・・に限らないと僕は思うのだけれど・・日本に蔓延している個々の不安や幸感の喪失はシッカリと根付いてしまっていると感じる。基本的に他者依存、他力本願、結果的に「自分さえ楽しければ良い」という構図だ。これが冒頭の読まれているニュースの偏りにも影響しているのではないか?面倒なものには関わりたくない、でも、自分の憧れは見つめたいし、他人の不幸は面白い。断言はしないが、僕はそう考えるし、そう考えると世知辛いどころの騒ぎではない、暗い未来が待つことしか想像できない。

ちなみに、この記事の元ネタは内閣府のデータで、とても参考になるのでご覧になられると良いと思う。

平成25年度我が国と諸外国の若者の意識に関する調査報告書

http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/thinking/h25/pdf_index.html

僕はこのブログを書くに当たって、仕事のネタと政治経済ネタ、ゴシップ (芸能を含む)には触れないようにと思っていた。しかし、これだけ周囲が「それ」で蔓延してしまうと、どうしても文章のいたるところに出てきてしまう。言い訳がましいが、逆に言えば「それが今の世の中なのだろうな。」とも思う。

まあ、そうは書きつつも、「日本の若者よ!今こそ立ち上がれ!」なんて言う気もないし、言っても聞かないだろうな。道路をぶつかって謝りもしない世の中だから。それが「今」だ。

 

とりあえずは自分の大切な人たちが守れればそれで良いかな?とは思う。歳を取ったのかね、僕も。