南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

猫とガジェットと映画と小説の毎日です。

ほぼ衝動買い。そのくらい良かった。(OPUS#1S)

最近は欲しいと思うものがあまりない・・というか、金額的に買えるものはほぼ持っているというのもある。で、X5 2ndがとても良かったのだけれど、新しく買ったCIEMのCW-L52とあまり相性が良いと思えない。あくまで個人の好みの範疇ではあるのだけれど、精彩感、立体感は申し分がないのだけれど、音場があまり広くなく、音楽的な楽しみみたいな言い方をすると僕的には今ひとつ。それで先日、Pioneer XDP-30Rを買ったわけだ。

こちらは、音場が広くてメリハリがあって楽しい。なので、L52を買ってからはずっと30Rを使っていた。ただ、X5の「味」を知っていると、やっぱり精彩感が今ひとつ。あちらを立てればこちらが立たぬ・・みたいな。それで、次のDAP探しをしていた。もちろん、30Rを買って間もないということもあって、買うのは春頃かなぁ・・と思っていたのである。

で、今週末のポタフェスである。ニュースでCayin N5ii、それとOPUS#1Sが気になっていたので、試聴に行ってきた。前モデルのN5は、音にちょっとザラつきみたいなものを感じてしまい、当時は却下。OPUS#1は、音場のまとまりが良くてすごく欲しかったのだけれど、X5のエッジの効いた音に慣れていると、高域がイマイチヌルいと感じ、結局買わなかった。ネットではウォームと表現されてるけれど。まあ、そんなこともあって、今回の新機種は結構期待していたのだった。

まずはCayin N5ii。うん、良いと思う。ただ、やっぱり高域のザラつきを感じてしまっていて、もちろんそれはイヤホンの感度やら性格にもよるとは思うのだけれど、今すぐ買うって感じじゃないなぁ・・というところ。

んでもって・・これですわ。

f:id:rei1963:20171216184139j:image

XDP-30Rの時にも「この値段でここまでできるんだなぁ・・」と感じたけれど、これはちょっと凄いと思った。最初に試聴して感じたことは、「CW-L52って、こんな凄い音が出るんだ!」であった。いやね、DAPの感想としたらちょっとおかしいかも知れないけれど、同様に家人に聴かせてみたら同じことを言った。家人はMOMENTUMで聴いたんだけど「MOMENTUMってこんなに鳴らせるんだ!」と言った。また、同時に「音を聴きに行くというより、音楽が入ってくる。各楽器の奏者の表現力が何倍も豊かになってる。弦を爪弾く音も聴こえるし、ハーモニーが何人いるかも分かる。」と言った。ちなみに、家人は三味線の奏者で、耳には自身があるらしい。僕はもうこの年齢だから、もちろん自信はない。だって、僕にはそこまでハッキリ言えない。

しかしこいつ、ポップスもイケる、クラシックもジャズもEDMも。それでいてそれぞれの良さを失わないのは、ハードが云々というよりは、この音造りの巧さなんだろうなと思う。これで前機種のOPUS#1の、そしてX5 2ndとXDP-30Rで足りなかった部分が全部埋まった感じだ。これを聴いたあとだとX5はやっぱりサウンドステージが狭くて、音と音の距離が近い。エッジが効いている部分を表現すると、X5の音が四角だとすると、#1Sは真円で濁りがないという印象だ。また、音場とトータルな音楽性では満足してたXDP-30Rを聴くと、30Rの音場は何というか・・各楽器の距離感がまちまちで、中心に音のまとまりがあり、そこから少し離れてハイハットがいる・・みたいな感じ。ちょっと遠すぎる感じがするんだ。それが#1Sだとそれぞれの楽器の位置関係に違和感がない。それはもちろん「正しい音」かどうかは分からないのだけれど、少なくとも「音楽を楽しむ」という点でこれ以上の選択肢はない!と思えるくらいの音を鳴らす。それでいて音楽的だ。結局、何曲か試聴したあとには完全に買う気になって、今はこうやって自宅で色々と聴いているところだ。音楽が楽しい!・・久しぶりの気分だ。

ただ、ソフトウェアにバグが多い。操作感としてレスポンスはとても良いので、これは及第点。ただ、日本語のファイルが文字化けしていたり、ソートが正しい順番にならなかったりする。アートワークも違うものが張り付いていたり。

f:id:rei1963:20171216185606j:image

これは正直、ストレスがたまる。また、アルバムアーティストとfeat.が付いたようなアーティストだと、別のアーティストとして分類されてしまう。つまり、アーティストとアルバムアーティスを分けることができないのが、僕のソース管理だと辛い。まだ操作に慣れていないので、この辺は他に解決方法があるのかも知れないが、こういったバグは前機種でも発生していたはずで、こういうところはしっかりと対応してもらいたい。

また、操作の面でなんだけれど、音質を優先するためにネットワーク系(BluetoothやWi-Fi)をバッサリと落としているのは好感が持てるとして、曲送りをしたい時にはこの小さいボタンがネックになる。僕はその日の気分で曲を送ることが割とある。なので、iPhoneなどで聴いていた時にはBluetoothのリモコンを使っていた。こいつで曲を送る時には、ケースから出すか、ケースに指を突っ込んでボタンを押しているのがとても不便。

だが、そういうことを含めてもこのDAPはとっても良い!もっと高額の機種も試してみたけれど、今回、初めて僕の新たな琴線に触れたと言える。値段も比較的安めの設定で手が出しやすいだろう。実は、買ってすぐに帰りの電車で聴いていたんだけど(充電した状態で発売されてる)、もうね、L52との相性も抜群で、ニヤニヤが止まらない。そんな買い物であった。