南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

猫とガジェットと映画と小説の毎日です。

ドラマ:モダン・ファミリー

コロナ禍で巣ごもり需要によって、NetflixやらAmazonPrime Video等の需要が高まっているのはご存知だと思う。僕は実はドラマはちょっと好きじゃなくて、「LOST」の時に懲りている。最初は面白かったんだけど、途中から物語の複雑さというか回りくどさというか・・とにかく飽きてしまったのだ。それでも結末はやっぱり知りたくて、最後の方は我慢して観ていた。

で、Netflixが提供する「モダン・ファミリー」である。2005年から始まり、11Seasonもあって今更感はあるのだけれど、日本に上陸したのはずっと後のことだ。

動画のリンクを貼ろうかと思ったんだけど、あまりに色々とあるので、ここはもう普通に検索してみてもらった方が良いかも。とりあえず画質は悪いがSeason1のTrailerだけ紹介しておこう。

これ、そもそも以前から観たかったドラマなんだけど、その頃(確かSeason5の頃)はFOXでしか提供がなく、それには衛星放送の「G+」を契約するしかなかった。流石にそれだけのためにってのもなぁ・・と思い断念した記憶がある。

ところが、先日、Netflixで検索したらSeason11まで全話あるじゃん!ってことで見始めたが・・いやぁ、とても面白い!

物語を簡単に要約すると

プリチェット家、ダンフィー家、プリチェット家の長男と同性カップルのタッカー=プリチェット家のファミリーコメディ

ということになる。これだけ書くと日本にもありがちなドラマだなぁと思うだけだろう。しかし、とにかく面白い。個人的なポイントとしては

  • モキュメンタリーを含んだ構成の上手さ
  • 日本人が見てもしっかり笑えるネタばかり
  • 英語が聞き取りやすく、字幕を見なくてもある程度楽しめるし、ヒアリングの勉強にもなる
  • 1話完結のストーリーが20分程度で見やすいのに、しっかり伏線からその回収までが実にスムーズに繋がる
  • 個々のキャラクターが、いわゆる「立ってる」上に演技が上手い

プリチェット家は歳の差婚にコロンビア人の連れ子ありの家族、ダンフィー家はプリチェット家の長女が嫁いだ3人の子持ち一家、残るはプリチェット家の長男と同性カップルに加えベトナム人の養子を加えた家族という構成だ。

特に個人的に好きなのは、ドラマ冒頭でのトラブルが色々な事件を経て、最後は正直で愛を感じる形で終わることだ。最近の日本のお笑いは苦手だけども、それは他人をこき下ろして取るという笑いの質が嫌いだから何だけど、このドラマにはそういった悪意めいたものはない。そういう意味では暴力的なシーンなどもなく家族で楽しめるだろう。それでいて家族が直面する性の問題にはちゃんと向き合っているところが好感を持つところだ。

実は、もったいないのとあまり時間がないので毎日少しずつ観てるから、まだ4Seasonにやっと入ったところだが、そのクオリティは落ちていない。とにかく「その先にある物語」が楽しみで仕方がない。

寝る前に家族と一緒にまったり楽しみ、幸せな気分で一日を終える・・これ、最高じゃない?

 

余談:色々と最近のストリーミングサービスを見ているけれど、画質だったらAmazonPrime VideoとNetflix(ただ、アプリによってはフレームレートの高いテレビだと調整が時折り入って画像が少しだけ乱れる。改善希望。)かな。音質はウチのようなサラウンド構成(7.1.2ch)のスピーカーとAVアンプが揃っているならNetflix(プレミアム)が上かなと感じる。PrimeVideoは有料のものもあるので、Netflixが個人的にはお勧めだが、観たい作品によっても提供の有無があるので、ここは分かれるだろう。ウチはこの二つを契約している。他のものは試聴してみたが、画質や音質で満足できなかった。一応参考までに。