読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

【結果あり】今年もやっと開幕!MotoGP(カタールGP)

待ち遠しかったMotoGPがやっと開幕した。開幕戦の見所は、移籍したDucatiのロレンソ、YAMAHAのビニャーレス、SUZUKIのイアンノーネだろう。どのくらいのパフォーマンスを示してくれるか?それが一番の興味だ。

で、最初に書いておくが、これはあくまで僕自身の経験による個人的見解であることを断っておく。

まずは、それぞれのチームのマシンの仕上がり具合を考えてみよう。まずはHONDA。昨年のレギュレーションの変更に苦しんでいたようなHONDAだが、この開幕戦でもそれが見られる。マルケスはどんなマシンでもそれなりに乗りこなしてしまうセンスの良さがあるが、ペドロサは明かに苦戦していた。それでも上位に食い込んでくる辺りが並みのライダーではないことを示している。個人的にはリアの荷重に少し問題があるのかな?と読めるが、いつものシャープなリーンができないでいるのは昨シーズンと同様だ。この辺はサスペンションがどうのというよりは、エンジン特性の問題であるように思う。

YAMAHAは安定しているが、こちらはフロント周りに若干の不安があるように見える。以前がロレンスの安定、且つ、速い走りに見慣れているというのもあるが、はやりターンインの動作にキレみたいなものが今ひとつ微妙な感じを受ける。

それに比べるとDucatiは安定している。単純に熟成が進んでいると見られるマシンはドヴィツィオーゾの走りをもって危なげが無く、安心して見られる。ただ、やはりDucatiはコーナーリングとS字の切り返しなどに「重そう」な印象を受けるのは変わらない。また、ストレートスピードの圧倒的なアドバンテージは今シーズンも健在だが、その幅は以前よりも少なくなっていると感じた。

SUZUKIも同様で熟成が進んだ感じ。コーナーをコンパクトに回る特性はそのままに、パワーが上がった感じだ。立ち上がりからストレートエンドまでよく伸びるようになった。こちらは今後も期待できるだろう。

さて、レースに移ろう。

今回は降雨で予選がなく、更にスタート時間も遅延しての開幕戦となった。スタートでなんとMoto2から昇格してきたばかりのザルコが逃げる。いやぁ、速い。ガンガン攻めてくる。ただ、ザルコの走りはMoto2のそれで、マシンの旋回速度を上げてトータルでラップを削っている感じだ。ただ、大パワーのMotoGPとMoto2ではタイヤの使い方が変わるだろう。序盤で2位以下を引き離しにかかるが、タイヤの消耗も考えると長くはもたないだろうな・・と、そう思わせる。それよりも、ターンインのタイミングでフロントの揺れを見ていると転びそうで危なっかしい印象を受けるが、よく考えればMoto2時代のザルコもそうだった。

しかし、案の定、ザルコは序盤でフロントからのスリップダウンで戦線離脱。あー、やっぱり・・と言う思いよりも、いきなりこのまま逃げ切ってしまう期待が大きかっただけに非常に残念だ。なにしろザルコのマシンは戦闘力が劣るサテライトのマシンということもある。もちろん、この結果は次戦以降に繋がるだろう。予想もしていなかっただけに、この衝撃はなかなかのモンだ。

ザルコが消えた後はドヴィツィオーゾ、イアンノーネ、マルケスにペドロサ、ロッシとビニャーレスが食いついていく展開。あれ?ロレンソは?と思ったら中位に沈んでいる。やっぱりマシンの性格の違いが合わないのかなぁ・・と感じた中盤。ここからペドロサが徐々に遅れ始める。そしてイアンノーネも転倒。うーん、頑張って上位にいただけに残念。

終盤に来るとビニャーレスが前に出てくる。マシンに慣れてきた?と思ったら序盤はタイヤを温存しつつ、様子を見ていたとのこと。いやぁ、並みの新人じゃない。青木宣篤さんをして「天才」と言わしめた理由がよく分かる。それにYAMAHAのマシンが合っているのか、それに加えてビニャーレスのライディングが良いのか、とにかくいつものYAMAHAらしくマシンが全体的に安定していて速い。こちらはセッティング能力として、ライダーとメカニックの協業がうまく回っているということだろう。マルケスがマシンと格闘しつつ徐々に遅れつつある中で、ビニャーレスとドヴィツィオーゾ、ロッシと続く。ロッシは予選10番手。今回は予選もキャンセルされて、FPとウォームアップだけでセッティングを決めなくてはならず、それはベテランのロッシも苦しめていたようだ。

しかしそこはやっぱりロッシ。今更ながら言うこともないが、本番になると強い。流石としか言いようがないだろう。最終的に前に出ることはかなわなかったが、見事に3位でフィニッシュし、表彰台に昇った。今回の状況に加え、年齢を考えると・・というのはどうかとも思うが・・素晴らしい結果だったと思う。

2位には安定した巧い走りとトップスピードの伸びでドヴィツィオーゾが抑え、そしてトップにはYAMAHAに移籍したその初戦で堂々たる姿を見せたビニャーレスに栄冠が輝くという結果になった。最後の記念写真の、スタッフに囲まれた満面の笑みが抜群に素晴らしかった。

今回の見所は、YAMAHAに移籍したビニャーレスの活躍に尽きる・・と言いたいところだが、序盤で転倒するまでにみせたヨハン・ザルコのスピードは強烈に印象に残ったと思う。それと、6位に入った、なんとアプリリアのアレイシ・エスパロガル。非力なマシンと言われていたが、正直なところこの結果が一番驚いた。残念なことにあまり映像には映らなくて、その走りは今ひとつ見ることができなったのが残念だ。

今までは「4強」と言われていたが、昨年のレギュレーション変更辺りからそれが崩れている。今シーズンもおそらくそうなると予想できるが、そう考えると「今シーズンも面白くなりそう!」と思わせるに充分な結果だと思う。いやぁ、やっぱりバイクレースは良い!

あ、そうそう、忘れてはいけない。Moto2の中上貴晶選手が3位で見事、初戦で表彰台を獲得した。今シーズンはMoto3の新人も含めて熱いシーズンになりそう・・って、まあ毎年そうだよね。(^_^;)