読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

靴は通販で(DCシューズ)

スニーカーである。まあ、どうして通販でかと言うと、DCシューズを置いてある店舗が極端に少ないからなんだが。

じゃあ、どうして「DCシューズ」なのかと言うと、形状が僕の足にピッタリだから。NIKEやらアディダスやら色々なシューズを店舗で試してみたけれど、どうもピッタリなものがない。横幅に合わせると大抵つま先が大きくあいてしまう。僕自身が見ても僕の足は所謂「ばんびろ(横幅が広い。だんびろとも言うらしい)」でもないのだが、どうも甲高らしい。そのせいでどの靴を履いても横幅が窮屈に感じてしまう。

で、10年ほど前に店舗で見付けたDCシューズ。先端が少しラウンドしていて、なんとなく横幅が広く見える。そして履いてみたら・・ピッタリ!どこも痛く無い。つま先も少しだけ残してちょうど良い感じ。「おぉ!これだ!」と思って、それからずっとDCシューズなのである。DCシューズはもともとプロスケーターが作ったブランドで、靴の特徴としては上部が割と肉厚に作ってあることだろうか。甲の部分がしっかりとフォールドされる・・とは言っても、これは履いてみないと分からないかも知れない。靴自体の重さはそれなりに重いのだけれど、履いてみると軽い。これはサイズが合っているせいだと思うのだが、不思議と軽い。それが好きな理由でもある。

ところが、DCシューズは扱っている店舗が少ない上に、日本に入ってくるデザインが少ない。しかも、サイズが大きめのものしか入ってこないので小さい足の僕には合うサイズがほとんど無い。仕方がないので通販で、更に気に入ったデザインが無い場合は並行輸入のものを買うことになる。ちょっと価格が上がってしまうが仕方がない。

そもそも日本人は靴のサイズや形状に無頓着過ぎる気もする。新入社員の頃だったと思うが、先輩から「足には細かい神経?ツボ?があるのだから、ピッタリと合ったものを選ばなきゃダメだ。例えそれがオーダーになっても。」と言われた。確かにそう思う。

ということで今回買ったのがこれ。

f:id:rei1963:20170118192654j:plain

僕は膝に痛みがあるので、基本的にスニーカーしか履かない。冠婚葬祭の時には仕方がなく革靴を履くが、それでも今はウォーキングシューズがある。ただ、会社は基本的にカジュアルで良いのでやっぱりスニーカーだ。このスニーカー、膝にも優しいのがポイントでもある。

今回は前に履いていたものが底に穴が開いてしまっていて、それでもしつこく履いていたのだけれど流石に限界かなと思ったので買うことにした。もちろんこのスニーカーも並行輸入品を通販で買ったものだ。日本に輸入されているものに気に入ったものが無かいからだけど、やっぱり値段がちょっと上がるのと、納期が結構かかるのが玉にキズ。でもまあ、モノが到着してみれば、やっぱり待って良かったといつも思う。サイズはいつも同じで良いので間違うこともない。ちなみに、DCシューズは少し小さめなのか、僕は通常は24.5か25なんだけど、DCシューズだと25.5がちょうど良い。今日一日履いてみたが、実に快適。きっと、足の形状に合う靴が見付かるまではきっとコレなんだろうな・・そう思うのであった。