読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

【グロ注意】猫の水飲み器に虫が!

猫大好き

今朝、猫の水飲み器の掃除と水の交換をしようとしたら、フィルターに虫が湧いていた!

ちょっとヒジキみたいで、ほとんどが死んでいるのか動かないが、わずかに動いているのがいる。何かの幼虫であることは分かるが、これが猫にとって害毒となるか分からなかった。フィラリアの様な回虫だったらすぐに病院に連れていかなければならない。

以下、写真を載せるけれど、見たくない方もいると思うので少し行送りをしておく。

グロ注意

f:id:rei1963:20161004203340j:plain

とりあえず早朝だったので急いでネット調べてみると、どうやらチョウバエの幼虫らしい。フィルタ内で腐食するものがあると発生するらしい。おそらく、カリカリが落ちていることがたまにあるので、それで孵化したのだろう。フィルタで濾過されているので水には落ちていないが、フィルタの掃除方法が悪かったのだろう。これからはもっと丁寧に掃除しないとならないことを痛感した。

一応、糞に混じっていないか調べたが、とりあえず大丈夫のようだ。ネットで検索すると不快害虫とのことで、猫への影響は無いようだが、ただ、やはり不安なので猫の状態をみつつ、病院に連れて行こうと思う。ちなみに人間の体内に入ることもあるそうだ。そう考えると怖い。

 

ということで、まずは原因となるチョウバエを駆除し、水の溜まる部分の洗浄をすることにした。排水管等は普段からマメに消毒剤を流しているので、そちらはおそらく問題じゃないと推測したが、念のためにもう一度薬剤をまいておく。後は、猫たちのために少し窓を開けてあるのだが、そこから入る可能性もある。ただ、これは寒くなるまではそのままにしておいた方が猫たちも良いだろうからそのまま。よくその小さな窓から外を見ているのだ。で、やはりチョウバエそのものを駆除する必要がある。

実は、数ヶ月前からごくたまに小バエが飛んでいるのを発見していた。単純に不快だったので、色々と小バエ対策品を探し、評判を見ると昔ながらの粘着テープ式が良いらしいのでそれを吊しておいたら・・ f:id:rei1963:20161004205206j:image

うわ。(´Д`)

これはちょっとビックリ。普段は見かけても1匹だったのに、こんなにいたとは・・。これは一ヶ月ほど前に吊したものだ。己の迂闊さに腹が立つ。こんなことで猫に不健康なことをしていたとは・・。小バエの存在には気が付いていたのだが、フィルタに幼虫がいるのを気が付いたのは今朝。実に一ヶ月もその可能性に思い至らなかった。猛省が必要である。もっと事前に色々な可能性を調べておこう・・そう思った朝だった。それが猫と共に暮らすものの努めだ。