読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

キャットタワーの掃除に(ハンディタイプの方が良いかも)

ウチには猫が3匹いるわけで、毎日の掃除は欠かせない。猫の毛は結構抜けるものだし、そもそも僕には猫アレルギーがある。できる限り室内は綺麗にしておきたい。

だが、キャットタワーに付いた猫の毛。これがなかなか取りづらい。掃除機をかけても付属のブラシなどだと、例えば下の写真のようにカゴの繊維を突き抜けたようなものはなかなか取れなかったりする。

f:id:rei1963:20160713163321j:plain

f:id:rei1963:20160713160641j:plain

 

で、何か良い道具はないものか?と探してみて、以下の製品を買ってみた。

f:id:rei1963:20160713163451j:plain

これ、よくあるスーツに付いた動物の毛やホコリなどを取るアレと同じものだ。ただ違うのは、これは元々カーペット用で、ブラシ部分が往復可動する構造になっている。色々な場所に使えるかな?と思ってこれにした。

 

f:id:rei1963:20160713163858j:plain

届いてみて気が付いたのだけれど、思ったよりも横幅がある。これだとカゴを掃除するには微妙に不向きかも。同じ製品群でハンディタイプのものがあるので、キャットタワーにはこっちの方が使いやすい気がする。

www.irisplaza.co.jp

 

まあ、とりあえず買ったので使ってみた。これはブラシの部分が往復動作することで、中に毛を溜めるようになっている。

で、実際にやってみた。感想としては、往復動作機構のせいで、ある程度しっかりと硬さのある場所でないと使いづらい。今回は手を沿わせてみたが、この程度のものならやっぱりハンディタイプの方が良いかも。まあ、これはカーペットで使うものだろうし、ベッドに来る猫の毛取り用でも良いかなと思う。

それでもとりあえず使ってみる。

で、30秒ほどやってみて、どのくらい取れたか確認してみる。

まあ、思ったよりは取れてるかなぁ・・。ただ、冒頭に書いたように、掃除機だとどうしてもカゴの中の繊維を通り抜けたものとか、壁面部分でもなかなか吸えなかったりする。ブラシヘッドなどあれこれ試してみたが、いつもキャットタワーが一番時間が掛かるので面倒だ。吸い残しもかなりある。だが、これだと割と綺麗に取れる。写真を見てもらうと分かるだろう。スッキリと取れている。

f:id:rei1963:20160713163242j:plain

 

実際にはこの後に軽く掃除機はかける。これはあくまで「猫の毛」を取るだけなので、ホコリなどを清掃するにはやはり掃除機でないと取れない。ただ、毛が先に取れている分だけ軽くブラシヘッドで全体を撫でるだけでも良い気がする。実際に見た目は随分綺麗になった感じがする。

とりあえず、他の部分も一応、お掃除。

ガタガタしてるのが分かると思う。やっぱり何度も書くけれど、カーペット用かな。

 

猫いる家はどうしても猫の毛に悩まされていると思う。空気清浄機もそこそこ吸ってくれるのだけれど、床やキャットタワーだけではなく、様々なところに貼り付いてなかなか取れない。以前はペタペタと貼り付ける「コロコロ(って言うのか?)」を使ったりもしていたのだけれど、あれ、すぐに使えなくなって剥がすのが割と面倒に思っていた。今回買ったこれなら、カーペットなら気にせず全体に使える。

まあ、こうやって色々と細かいものを使ってみると、最初は1台の高性能な掃除機があれば良いかと思っていたが、こういう細かい部分での使い勝手では専門性のある道具に分がある。ロボット掃除機も一時期考えたのだけれど、常時使っていてもやっぱり掃除機を使わないとならなくなると言う結論に達して購入を止めた。ロボット掃除機が掃除できる部分は、掃除機でやってもすぐに終わるところだからだ。

で、キャニスター型の高性能なものはほとんどのものが「重い」。軽い物はモーターを小型化して出力を抑えたことでゴミを吸いきれなかったり。なかなか「丁度良いもの」ってのは難しいなぁ・・。

ちなみに今は、大昔のダイソンが一台、普通のキャニスターが一台で運用している。これにモップクリーナーとかこう言った細かい道具があるってのが今のところのベストかな。ただ、道具が増えると場所を取るのが別の問題となるのが色々と悩ましいね。

 

追記 2016/07/16

ハンディタイプも買った。これはこれで便利。使い分けだね。

f:id:rei1963:20160716140052j:plain