読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

「悪夢」という名の人生のナイトメア(頭痛が痛い的に)

本日は雨。花粉が飛散する時期の雨は、僕のように花粉症に悩むものにとっては朗報だろう。まあ、これで翌日が晴れればアスファルトに溜まった花粉が再び舞い上がるのではあるが。

僕の「悪夢」について

さて、本日は「悪夢」についてである。

僕は良く夢を見る・・というか、ほぼ毎日見る。感覚的に9割以上は「悪夢」だ。家人曰く、その時にうめき声や下手をすると叫び声も聞こえるらしい。一時期はそれが酷くて主治医から「睡眠時行動障害」と診断され、様々な薬の処方などもしてみたが、軽くはなるもののあまり変わらない。これが体調不良や不眠を引き起こし、更に悪夢・・という悪循環になるわけである。

ure.pia.co.jp

僕の悪夢の多くは、

  • 他人に殺される
  • 事故に遭う
  • 火事に遭う
  • 親しい友人に嫌われる
  • 汚物にまみれる

などだろうか。例えば上記のサイトから考えると、いくつかの要因が考えられるが、消去法で考えても僕は既にアルコールは止めているし、寝具なども色々と試し、夜食は止め、寝る前のPCやスマホ弄りも止めている。

大昔は抗うつ剤を飲んでいた時期もあるが、今は睡眠導入剤だけ。端的に言えば、僕にとっての悪夢は「ストレスによるもの」である公算が大きいわけだ。何についても同様のことが言えるが、経験の無い人には分からないと思う。毎朝悪夢で目ざめる。いや、深夜でもそうだ。それが以下に自分の精神を叩きのめすことか。そして、身体は精神の入れ物であると僕は考えている。体調不良もそこから来ていることは想像できる。

どうやって対抗するか?

しかし、簡単に「ストレスを軽減する」ことなんてできるわけではない。意識の改革や社会環境から受ける影響などは短期的に変えることができない。大胆に仕事を辞めて田舎に引っ越せば環境自体は変えられるし、そこから受けるストレスは圧倒的に少なくなるだろう。それもそうそう手を付けられはしないが、少なくとも仕事については近いウチに決着を付けようとは思っている。患いが長くなって始めて理解できることだが、極端に言えば「健康に替わる大切なものはない」のである。ある程度の生活の目処が立ち、計画が進んで環境を変えられればこの悪夢からも逃れられるのではないか・・と考えている。つまり考え方とかの意識改革ではなく、「具体論」として環境周りの整備や自身の行動から変えていかねばならない。これにはそれなりに時間がかかるだろう。

 

それではその辺を時が来るまでの間、緩和するにはどうしたら良いのか?

単純に薬に頼るのも悪く無い。がしかし、逆に薬で苦しめられた過去がある僕には流石に抵抗がある。日頃からできることはないか・・とネットを探してみても似たようなことばかり、更に言えば「心掛ける」とか意志の力でどうにかするなんて根性論に似たようなものがとても多い。それが出来てれば苦労なんてしないし、そもそも悪夢なんて見ないだろうに。

色々と探していてちょっと腹が立ったのは、高額な商品を買わそうと誘導するようなサイトがたくさんある。こういう人の弱みにつけ込み、足元を見るようなやり方は大嫌いだ。人としてどうなのか?

まあ、それは置いておくとして、とにかく「まずは自分で出来ることはないか?」を主として考えてみたい。

さて、何から始めよう?

ということで、とりあえず「自律神経失調」をポイントとして具体論を探してみた。

ワンポイントアドバイス 〜自律神経失調症〜

http://www.yamato-gr.co.jp/ans/12-11/index.html

 どうしてここに目を付けたかと言うと、僕の症状のほとんどが自律神経失調症と同様であるからだ。ひょっとして悪夢もこれと同様な症状のひとつではないかと考えたのである。非常に情報が盛りだくさんなので読むのが大変だけれど、文中にもある「同じような症状でも別の大病の可能性」が示す通り、安易に考えてはダメだと思う。また、むしろ悪夢が自律神経失調に似た症状を誘発している可能性もある。だが、考えてみればどちらが先でも後でも良いと思う。結果的にそれが双方の対策となりえると考えられるからだ。

僕は幸いにして、オプションをいくつか付けた人間ドックを毎年、それに加えて主治医に勧められて各種検査なども実施している。とりあえずは見付けられる大病らしきものは無いが、今回はまず毎日の苦しみの根源である「悪夢」と「自律神経失調」を環境面から改善してみようというのが今日の内容である。

 

とりあえず自分ができる範囲で実施するのは下記だと考えた。

  • 生活のリズムを守る
  • 適度な運動(ストレッチ)
  • 必要な栄養素を含む食事

パッとみると単純。(^_^;)

上記のページあることも含め、もちろん心理療法などは既に体験済みなのだが、今までお願いした3人のカウンセラーが言うには、細かいことは書かないが僕にはあまり馴染まないようだ。なのでまず自分でできることをベースにすることにし、「規則正しい生活」を基礎と考える。それに加えて必要な栄養と適度な運動ということだろうか。ただ僕は歩行に杖が必要なわけで、運動はあまり適さない。ではストレッチでまかなってみるのもありかと思う。

セルフケア.com:自宅で簡単!自律神経を整えるストレッチ方法10選

http://selfcare-movie.com/autonomic-ataxia/

 また、必要な栄養素を摂るのには食事だけでは不十分かも知れない。その場合にはサプリメントなども考慮した方が良いかも知れない。

おわりに

さて、早速色々と実験してみよう。実は、ここ数ヶ月で昨夜が一番「悪夢」がひどく、夜中に何度もうなされて叫び声をあげたらしい(家人曰く)のでこのエントリーを起こしてみた。

重要なポイントを最後に一つ加えよう。もちろん「継続すること」である。

もしも同様に悩む方がいらっしゃるようなら、一緒に続けてみましょう。