読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

iQOSを外出先でも充電する(もちろん他の機器も)

iQOS

 春はまだまだ遠し・・とは言いつつも、2月のこの時期って考えると結構暖かいんじゃねーの?、これ。室内にいると朝日が差し込んでくると暑いくらい。

 

さて、1月から新しい職場に転職した家人には、週に2日の夜勤がある。夜勤は人の一般的な生活リズムではなく、ある程度の身体への負担と「慣れ」が必要である。

まあ、それとは別にもう一つ困るのが「充電が必要な機器のバッテリーの消費」だ。例えば1日しかもたないものとしてはスマホが最も多いと思うのだが、家人の場合、iQOSのバッテリー落ちがそれなりに困る。

 

iQOSに慣れている人は分かると思うのだけれど、これに慣れてしまうと普通のタバコは「苦くて臭い」。ニコチンを身体が渇望するから仕方なく普通のタバコを買うことがあるようなのだが、すごく「不味い」のだ。まさに紙を燃やしている煙を吸う感覚。

普通のタバコだと健康被害への懸念もある。

hbol.jp

 

ということで、家人の夜勤時の充電問題について考えてみた。

  • 充電する機器は、iPhone、iQOS、X5 2nd
  • ACアダプタを使うか、モバイルバッテリーを使うか
  • iPhoneは1Aだが、iQOSは2.4A、X5 2ndは1Aでも充電できるが時間がかなりかかる

僕も最近はすぐに充電が必要なものはあまり持ち歩かなくなったが、家人と同様にiPhoneとiQOS、X5 2ndは持ち歩く。夜勤が無い僕には問題無いのだが、最初に書いた通り家人にはそこそこ問題だ。

 

最初はACアダプタを職場にもう一個買うことを考えた。モバイルバッテリーに比べれば安価であると考えたのだが、iQOSの純正は品薄のようでなかなか買うことができない。まあ、そこは妥協するとしても2.4A出力ができるものとしてネットで検索すると、そこそこ値段が高いのが分かる。

モバイルバッテリーの場合は圧倒的に品数が少ないが、値段的にはACアダプタよりも少し高い程度。ただ、大きなメリットとして場所を選ばないということがある。職場の電源で充電するのは、厳密に考えれば窃盗だ。公共の場では明確である。犯罪として訴訟に発展するケースが無いとは言えない。会社はだいたいが許容してくれるので問題はあまりないのだろうけれど。

horitu-soudan.jp

 

また、実は意外に知られていないが、公共の場でACアダプタが使えるところが意外に少ないのだ。たまに電車についているコンセントで充電する人を見掛けるが、あれは新幹線の座席に設置されたコンセントくらいしか許可されていない。実は優先席の近くにコンセントがあるケースが多いのだが、あれを充電に使うのは立派な「犯罪」である。ましてや子供の手本となるべき良識のある大人がやることではない。

 

iPhoneならキャリアショップでも充電できるが、iQOSだと更に減る。最も現実的なのは「電源カフェ」だがこれも数が限られる。ましてや充電のために職場を離れて長々過ごすというのもどうだろうか?せいぜい昼休みの残り時間程度だろう。

dengen-cafe.com

 

というこで、ACアダプタは除外。結果的にモバイルバッテリーにすることにした。

ここで重要なのは下記の3点

  • 2.4A対応
  • あまり重くないもの(なんのためのモバイル?)
  • microUSBケーブルとLightningケーブルを使う

ということでネットを漁ってこれを買ってみた。

f:id:rei1963:20160217093137j:image

モバイルバッテリーはRAVPowerの「RP-PB17」である。容量は6700mAh、もちろん2.4A対応だ。質感はアルミで高級感があるが、重さは128g。容量を考えたらとっても軽い。

[Upgraded Capacity] RAVPower Portable Charger 6700mAh Power Bank External Battery Pack (2.4A Output, 2A Input, iSmart Technology) for iPhone, iPad, Smartphones and Tablets (Black)

 

f:id:rei1963:20160217093246j:image

ケーブルを機器に接続すると自動的に充電が始まる。ボタンは本機の残量確認用。

f:id:rei1963:20160217093303j:image

意外にInput 2Aってのも充電が速くて助かる。

f:id:rei1963:20160217093322j:image

小さくてクッション性の高いポーチが付属している。これにケーブルも一緒に入れれば良い。本体よりちょっと大きいくらいのサイズだけれど、伸縮性があるのでケーブルも充分入れて持ち歩くことが可能だ。

 

ちなみに各機器の容量を下記。

  • iPhone 6s 1715mAh
  • iQOS 2400mAh
  • Fiio X5 2nd 3300mAh

合計すると「7415mAh」。微妙に足りないのだけれど、今回のケースではすべてを必ず満充電する必要はなく、また家人の夜勤での利用で完全に放電してしまうものはiQOSだけである。なので重量(もう一度書くが128gである)との兼ね合いでこのバッテリーにした。

それに価格も色々と探してもらうと分かるのだが結構安い。

 

ケーブルは2本よりも1本。長さは50cm程度もあれば充分だと考え、両方使えるこれにした。

f:id:rei1963:20160217093341j:image

巻き取り式も考えたのだけれど、値段が倍くらい高いのと、重量が微妙に重いこと、それに実際に使ってみると分かるのだけれど、巻き取り式は使い勝手があまり良くない。また、現在発売されているものはバージョンアップしているのか、cheeroのマークが付いているのと、値段が少しだけ高い。

www.cheero.net

 

で、iQOSで実際に使えるのか試してみた。

f:id:rei1963:20160217093359j:image

はい、見事、OK。(^_^)ノ

 

とりあえずこれで大丈夫な筈。使い勝手等は家人の報告待ちかな。何かあったら追記します。ちなみに2つ併せて価格は3,000円に全然届かない。モバイルバッテリーも安くなったもんだよなぁ・・。

 

追記

何となく気になってチェッカーで測ってみると、2Aでもいけそうな感じ。(^_^;)

f:id:rei1963:20160218191544j:image