南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

今回のApple発表会の結果を見て

最近のAppleの発表ってワクワクが無いよね。だいたい出るものが事前にリークされていて、ほとんどその通りのものが出る。それが戦略なのか、それとも守秘が甘いのかどうかは分からないけれど。昔はリアルタイム中継を追ったりしていたけれど、今はもう翌日のニュースを読んで「へー、そうなんだ」って感じ。もちろん、出る製品に対して悪い印象は持っていないけれど。

 
それでもまあ、一応振り返ってみよう。
 
まずはiPhone6sと6s Plusから。
大きく変わったのは3D Touchとカメラだね。以前にも書いたけど、「ハードが変わることによってのみ可能となるサービスがあれば」というのが買い換えの理由の大きな要素だと思っているけれど、今のところそこまでは感じ取れないかなぁ・・。
とりあえず6との比較も含めて詳しい解説記事はここかなと。
 
iPhoneが大きく成長したのは、UIのリニアリティなんだと思う。直感的な操作と、それに遅れることなく付いてくる動作と感覚に対して齟齬の無い機能。そういう意味で言えばこれはとても大きな変革なんだけれど、じゃぁ、それで自分の使い方のどこが変わるの?って言われると操作が2〜3手減るのかな?くらいしか思い付かない。もちろんこの手の機能は使ってみないと分からないし、TouchIDが出た時には使ってみてとても便利だと感じたし実際に便利に使っている。でもこの感圧感度を変えたディスプレイと押した時のフィードバックがどの程度利便性に寄与できるのか分からないってのが本音かな。これはまあ、実機を触ってからになると思う。
 
後はカメラ。これも個人的に今ので十分かな。カメラの画質は画素数だけでは語れないのは当たり前で、レンズがどのくらい光を取り込めるのか、その光をどうやって処理するのか、その辺がトータルでアップしていないといけないし、そもそもiPhoneのスマホって形態であるが故にパッと出してサッと手軽に撮れるってのが良さなんだと思う。もちろん高画質化にイチャモンを付けるわけじゃないけれど、それだったら今の画素数で良いからエンジンを見直すとか、その分をコストダウンさせるとかの方が個人的には嬉しい。更に言うのなら本気で写真を撮るのなら一眼を使うのだし。
 
デザインが変わらなかったのは6から6sだってことなんだろうけれど、あの背面のラインはどうにかならなかったのかなぁ・・。その点もマイナス。レンズの出っ張りもだけど。
 
総じて否定的な意見になってしまったけど、できたモノ自体はとても良いモノだとは思っているんだよね。でも、なんか物足りない。これでもう少し安価で同性能の4インチ版が出たら買うかも知れないんだけど。
 
次はiPad Pro。
これは重量的にみてもPCの代替だよね。それかテーブルPCな位置付けになるのかな?だとしたらもう少し大きい方が良い気もするし。本体で700g。僕はキーボードも使うので合わせると1kgくらいになるわけで、これならもうMacBook Air を使うかなと思う。ポインティングデバイスも使えるし、iOSとOS X でできることに雲泥の差があるわけで。価格を見てもそれほど差はないし。逆に問いたいところだけど、これはどういう場面で使うものだろう?と感じてしまう。ということで、こちらには興味なし。
 
AppleTVもやっと新バージョンが出ました。
家には古いバージョンのものがあるんだけど、これはこれで便利に使ってる。新型は説明を読むとゲーム機として進化したように感じる。App Storeに対応したのもそうだし、ゲームコントローラーを繋げられるのもそう。個人的にちょっと嬉しいなと思うのは音声出力がDolby Digital 7.1chに対応したくらいかな。それでもこの段階で4Kに対応していないのはどうなのよ?とも感じるけれど。これも映画主体の僕としてはAmazonプライムビデオが開始されてからの様子見かなぁ・・。
 
さて、あまり話題になってないiPad mini4。実はこれが一番気になる。
まずは重量が大幅に軽くなったこと。このサイズで300g切ってるってすごくない?今の僕のiPad miniの使い方は、電子書籍を読むこと、Webの閲覧、屋外での文章作成、デジカメからの画像転送での画質チェック・・くらいかな。この重量だと寝ながら本を読むのに最適じゃないかと思う。まあ、今でもそうだけど薄いので片手で持つための工夫は必要になるんだけど、それを言ったら紙の本だって同じというかそれより便利。バンカーリングみたいなのを付けとけば片手で操作できる。地味な変更だけど、今の僕にはこれが一番気になるところ。
 
iOS 9
こちらはiPhone/iPad/AppleTVに共通するところだけれど、細かい変更が多いなか、僕が目に付くのは画面分割昨日と電源に繋がなくともSiriが使えるところ。 画面分割は現在のようにスワイプで他のデスクトップ?に移動できるのが便利なので割と気にはしていないけれど、電源に繋がなくても「Hey!Siri!」が使えるのはとても便利。今でも枕元に置いた充電中のiPhoneのSiriに呼びかけ、寝ぼけ眼のまま時間やら天気やら今日のスケジュールやら訊いたりしてる。使い方によってはもっともっと広がるだろうと思う。AppleTVも当然対応していて、これはこれからのスマートホームに無くてはならない機能のひとつだと思う。
 
とりあえず、今日のニュースを見て思ったところを書いてみた。今のところ、乗り換えは微妙。家の事情もあるので今はあまりお金を使いたくないし、iPhone5sでまったく不足がないというか、大きさを考えるととても使いやすいから(先日、ブン投げて凹んでるけど (T ^ T)壊れるまで使おうかなと。
問題はiPad mini4かなぁ・・。今使っているiPad mini2が十分と言えば十分だけど、割とたくさん本を読んでるし必ず持ち歩いている身としてはかなり魅力的なんだが・・。
 
でもまあ、結論として現物が出てきて触れるまでは様子見!無駄にお金を使いたくないしね。( ´-ω-)σ