読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

2013年 買って良かったものBest5

ガジェット 家電品 健康管理 カメラ Appleファン

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さてさて、ここのところブログの更新が滞っているわけだけれども、一応ネタはいくつかある訳で。iPad mini Retinaも買ったしそれに伴ってBluetoothキーボードをいただきまして、それも便利に使っている。このブログ自体もiPad mini + Bluetoothキーボードで書いていたりする。

で、既に新年も大幅に突入しているわけだけれども、ここらで昨年買ったもので良かったものをランキング付きで少し紹介しておこうかと思う。このブログは基本的に買い物ブログであるわけだから。

それでは第5位から行くぞ。


第5位 カステルバジャック ショルダーバッグ

MacBook Airを持ち歩かなくなったことで今までのデイバッグでは大き過ぎることに。僕のように杖をついているとデイバッグは電車で面倒なことになる。背負ったままでは他の乗客への迷惑になるのでどうしても邪魔にならないよう肩に掛け直さなくてはいけない。このバッグならiPad miniは余裕で入るし、普段持ち歩きしているPL5も単焦点レンズも持ち歩くには十分。オシャレな色使いが年齢相応かどうかは別として、とても気に入っているバッグだ。


第4位 Nespresso

本当にコーヒー好きな人はやっぱり豆を挽いてドリップするんだろうなと思うものの、この手軽さとカプセルの濃厚さを味わってしまうとちょっと後戻りできない。ウチは2人で一日に4杯のコーヒーを飲む。特に朝の時間の無い時にNespressoは強力な味方になる。


第3位 iPad mini Retina

これについては書き掛けのブログがあるので後ほどアップすることとして、何というか・・Retina発売まで待って良かったと思っている一品である。主な使い方についても詳細はブログに書くけれど、今では持ち歩きはMacBook AirではなくiPad mini + Bluetoothキーボードになっている。


第2位 マッサージチェア

これを購入したのは師走も押し迫った頃。毎日続けることの意義と言うのを切に感じた一品である。新型が出て型落ちを安く買ったのだが、まったくもって十分。発売当初から比較すると10万円近く安くなった。このチェアのポイントは、本体がとてもコンパクトでありながらほぼフルスペックであること。
今までは月に2〜3度はマッサージに行かないと身体の痛みに悩まされていたが、毎日使い続けることによってか、今は痛みが大幅に退いている。確かに安い買い物では無いが十分価格分の価値があると思う。

そして栄えある1位は・・。


第1位 OLYMPUS PL5

ウチには3年ほど前から超絶美人な猫、ルナちゃんがいるわけで、その姿を美しいままに残すことは喜びであることを感じたカメラ。特に45mmの明るい(しかも安い!)単焦点レンズとの組合せは猫撮影には最強だと思う。なんでもっと早く買わなかったんだろ?と思ったガジェット。購入前に色々と調べてみて、「マイクロフォーサーズで本当に良いのか?」と思ったのだけれど、ネットにあった幾つかの作例を見て惚れた。しかも本体レンズとも小さくて軽く、いつも持ち歩くことができる。今は追加投資で他の幾つかのレンズ、ビューファインダー、速写可能なストラップを物色しているところ。昨年の1位は若干の迷いもあったもののこれが妥当だと落ち着いた。


番外 iPhone 5s

まあ、言わずもがなであって。外見こそ5とほとんど変わらないものの、内容は正常進化。iPhoneは3Gから使っているけれど、Mac同様リニアな操作感はストレスがとても少ない。まだしばらくは「スマホはiPhone」と自分の中では位置付けているんだと思う。
しかも今回はdocomoから新たに発売された。単純にエリアの問題でも、今回の帰省でどこでもくまなくLTEが入り、速度も十分出ること(30Mbpsオーバー!)を確認できた。

ここまで書いて、昨年は例年の買い物とと大きく違うことに気が付く。そう、イヤホン/ヘッドホンの類を一つも買っていないのであった。昨年一年は本当に緊縮財政で(今年もそうだが)、以前のように「試してみたいから購入」と言うことができなかった。それに加えて一昨年に買ったSennheiser MOMENTUMが自分の好みにドンピシャだったということもある。

さて、今年はどんなモノに出会えるのか。それも人生の一つの楽しみなのである。ただ、お財布にはまったく優しくは無いが。