読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

日常生活で思うこと、電子ガジェット、オーディオ、映画、小説を紹介するサイトです。

人間ドックで聴力検査をしたので・・。

今日は人間ドック。色々な検査をやっていくなかで、聴力検査の時に、「もう歳だからそれなりに衰えてるだろうなぁ・・。」と思うと同時に、昔は圧縮音源でのビットレートの差がある程度聴き取れたけど、今はどうだろうなぁ・・と考えた。で、早速試してみた。

サンプルに選んだ曲は以下の2曲。
・KRYZLER & KOMPANY KRYZLER & KOMPANY#から「spring」
・Michael Jackson Essentialから「Billy Jean」

で、これを、MP3の128kbps、192kbps、256kbps、320kbps、waveで圧縮(waveは圧縮してないけど)してみた。

まずは普段使うヘッドホン、PHIATON MS400でtest。

ん〜・・はっきりとした違いが分からん・・。orz
俺、こんなに耳が悪くなってたのかなぁ・・。確かに、事前にどの圧縮か確認して比べてみれば、waveは微妙に音の厚みがあるように感じるし、128kbpsは何かペラペラしてる。でも、それ以外はほとんど変わらない。試しに、シャッフルしてブラインドでやってみたが・・。

  分からん・・。orz orz かろうじて128kbpsは分かるかも。orz

おいおい。確かに3万円もしないヘッドホンだと分からんのかも知れない。これが、ULTRAZONE edition8(15万円)とかだったら分かるのかも知れないけど。正直、とってもショックを受けた。

気を取り直して、PCで再生してアンプを通してスピーカーで鳴らしてみたが、印象はヘッドホンとほとんど同じ。参ったなぁ・・。まあ、ディスク容量を食わない設定でも満足できるんだから、経済的な耳ってことにしておこうか・・。