南瓜の馬車 〜いいわけでも許して〜

猫とガジェットと映画と小説の毎日です。

映画

日本人こそ観るべき素晴らしい映画(映画:ガン・ホー)

昨夜、録画されていた「ベスト・キッド・シリーズ」を観ていて、「ベスト・キッド2」の最後に一瞬「ロドニー・影山」さんが映る。この名前を知っている日本人はほぼいないだろう。だが、僕にとっては映画「ガン・ホー」で見せる典型的ステレオタイプの日本企…

笑いのツボにはハマるが、なんか悲しく辛い気分(映画:ペット)

昨日、続けざまに二本の映画を観たせいか、今日は微妙に疲れ気味。間に休憩を挟んだとはいえ、「座りっぱなしの二時間」ってのは今の弱った僕の身体にはかなりキツイ。 ということはともかく、昨日に続いて映画の感想を。もう一本の「ペット」である。 ニュ…

【ネタバレ】ストーリーはともかく、ど派手なビジュアルエフェクトに度肝を抜かれる(X-MEN:アポカリプス)

X-MEN、これで何作目かなぁ・・と考えると、既に8作目に入っている。実際のマーベルコミックを読んでいないのだけれど、そちらはどういう展開なんだろうか?と思ったり。 ということで今回は連休だったので「ペット」と「X-MEN:アポカリプス」を観てきた。…

【ネタバレ】まさに「ヤラレタ!」と唸る最後の瞬間(映画:ピエロがお前を嘲笑う)

お盆の帰省も終えて、個人的な夏休みはもう終わりかなぁ・・と思うとちょっと残念。これから暑さが増すことを考えると少々憂鬱な毎日でもある。 今日はドイツ映画である「ピエロがお前を嘲笑う」について書こう。 実はお休みということもあって、この前に「…

これが怪獣映画だ!(映画:昭和ガメラシリーズ)

口直しというわけじゃないが、ガメラシリーズを観返してみた。 もちろん平成版は特撮がある程度進化(1995〜1999年)している。もちろんそれでも現在のCGを多用した2014年のハリウッド「Godzilla」にはそのリアリティ(というのも変だが)は敵わない。 しか…

【ネタバレ】オレには分からん・・(映画:シンゴジラ)微妙に追記

「久し振りにヒドイモノを観た・・」が、最初の見終わった印象だ。日本版ゴジラファンには大変申し訳ない。先に謝っておく。 なんかもうね・・。ダメだと思う点をあげつらうとキリがない。 一番キツかったのは、映画が全体的なまとまりに欠けていると感じた…

映画:天地創造/十戒

すンごく久し振りに「天地創造」と「十戒」を観てみた。年齢的にもリアルタイムではなく、たしかレンタルビデオで借りたのが最初のことだったと思う。 改めてこの年齢で観てみると、そもそもが両者とも旧約聖書の映像化という時点でドラマ性はほとんど無い。…

【ネタバレ】映画:恋するベーカリー 〜別れた夫と恋愛する場合〜

もう観たのは随分前の映画で、その後も何回か観た。ただ、どうも頭の中がうまく整理できない映画であった。そもそも原題が「It's Complicated(複雑!)」である。どうにも納得できていそうでできていないってのが本音だ。だから今までも感想を書いてみよう…

【ネタバレ無し】インディペンデンス・デイ:リサージェンス

今日は「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」をば。 いつもはネタバレを基本として書いているのだけれど、この映画は、そもそもネタらしいネタが無い。もちろん、細かく言えばまったく無いわけではないが、これはもうストレートにCGドカドカなSFアク…

【ネタバレ】もう一つの地球に贖罪はあるのか?(映画:アナザープラネット)

この映画、以前にレンタルで借りて印象に残っていたのだが、Blu-ray化されたものを量販店で見付け、購入し再視聴したものである。 何がどう印象的だったか・・というと、空に浮かぶもう一つの地球という不思議な映像、全体の暗いトーン、そしてエンディング…

リメイク版「ベン・ハー」は前作を超えられるか?

以前から話題に上り、当初は2016年8月に公開予定だったものが大幅に延期され2018年公開予定の「ベン・ハー」。もちろん、1959年のリメイクだ。 「ベン・ハー」と言えば映画好きでなくても多くの人は知っているだろう。チャールトン・ヘストン主演で公開され…

最近、ウチで流行ってる大昔のアメリカテレビドラマ(Taken)

この名を見て「あぁ、あれか!」と思える人はそれなりの年齢の人だと思う。とは言うものの、この頃には「24」や「LOST」なども放映された時期で、アメリカテレビドラマのハシリではないかとも思う。「24」も「LOST」も最初は面白かったのだが、シーズン4とか…

【ネタバレ】結末のオチはこれで良いのか?(映画:ダーク・プレイス)

今月は割と映画館に足を運んでるな〜・・という印象。もちろん、映画専門でレビュー記事を書いているような人のようにはいかないし、2時間動けないで座りっぱなしと言うのはちょっと辛い。で、今日はシャーリーズ・セロンの「ダーク・プレイス」を観てきた。…

若き才能の早過ぎる喪失(アントン・イェルチン)

夜中にやっとこのニュースを読んで、今でもちょっと信じられない。 news.goo.ne.jp www.huffingtonpost.jp アントン・イェルチン、27歳。最近は新たな「スタートレック・シリーズ」で注目され、活躍が目立ってきて知名度が上がってきた俳優だが、そもそも彼…

【ネタバレ】異色のSFサスペンス(映画:10クローバーフィールド・レーン)

最初に色々と書いてしまうとネタが分かってしまうので、まずは映画の紹介から。 夫婦げんかの末、家を飛び出したミシェル。その途中で自分でも分からないうちに事故に遭い、気が付いた時には知らない場所の密室に閉じ込められていた。密室は、昔軍隊にいたと…

【ネタバレ】あざやかなスピード感?(映画:マネーモンスター)

そろそろ夏日がチラホラと訪れはじめた6月。年々暑さが増すなぁ・・と小規模な範囲で地球温暖化を感じつつ、昨日はジュディ・フォスター監督作品、「マネーモンスター」を観てきた。 「マネーモンスター」は人気の株式投資番組である。その番組で紹介された…

古き時代劇特撮映画:恐怖の「大魔神」を侮るなかれ

先日、「ガメラ」について書いたのだけれど、その時にも少し「大魔神」にも触れた。どうにも懐かしくて久し振りに観たくなり、三部作を一気に観た。 見た通り、これも北米版である。元々が日本語の映画なので、英語の字幕を切れば普通に楽しめる。なにより価…

どうにも咀嚼できない(映画:レナードの朝)

実は今日は「スノーホワイト 氷の王国」を観てきたのだが、「あれ?スノーホワイト出ないの?タイトル、関係なくない?(後で調べたら、洋題にはどこにも「SnowWhite」とは書いてない)」とか、あまり感想らしい感想がない。正直に書こう。映画ファンとして…

平成ガメラ4Kデジタル復元版 Blu-ray BOXが発売されるそうな

まあ、どうでも良いことではあるが、僕は「ゴジラ」よりも「ガメラ」が好きで、「大魔神」も割と好きである。そういう世代ということもあるが、トカゲ?をモチーフとしたようなゴジラよりも亀をモチーフとしたガメラは、手足を引っ込めてそこから火を吹きな…

レディースデーは性差別じゃないのか?

僕と同じで映画大好きな友人が、「メンズデーが無くなる!」と言っていたのを見て、ちょっと色々と思い出して考えてみている。 www.tohotheater.jp なるほど、このページに「6月27日でメンズデーは割引き廃止」とある。他のTOHOシネマズのページを見てみると…

【ネタバレ】個人と国家の正義(映画:ブリッジ・オブ・スパイ)

どうも全容が見えなくて、名前からするとスパイのドンパチ映画にも思えるし、出ている俳優を見ればヒューマンドラマだと分かる。そしてオスカーでマーク・ライランスが助演男優賞を獲得したために、既に予備知識として頭の中にある種の「偏見」が構成される…

哀しみの深淵を垣間覗き観る恐怖(映画:機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起)

昨日は色々と忙しくて夜まで用事でいっぱい。それでも「機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起」は観たくて、家でiTunes Storeのレンタル版を観た。もちろん、1も2も既に観ているし、コミック版も読んでいる。 母を失い、アルテイシアとも別れを告げ、一…

「自分のままでいたい」という失われる望み(映画:アリスのままで)

うーん、なんとなく没入できなかった映画である。でも、感想を書きたい映画でもある。 著名な言語学者アリス。コロンビア大学で教鞭を執るアリスは学生たちからも人気を集める優秀な教授でもあった。夫のジョンとの関係も良好であり、子供たちも女優を目指す…

割と好きなアニメーション映画6選

普段はアニメ映画をあまり観ない。別に嫌いじゃないんだが、やっぱり映画は俳優の「演技」が面白いのだと思っているからだ。 しかし、最近、PIXARの作品を観ていると、これは「アニメでも実写でもない、他のジャンル」だと感じる。CGをふんだんに使ったアニ…

BB-8と「スターウォーズ/フォースの覚醒」を観てみた

つい先日、BB-8のiPhoneアプリが更新された。これは、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のBlu-ray/DVD発売に合わせて、「Watch With Me」という、つまり「一緒に『フォースの覚醒』をみよう!」という機能が新たに付いたのであった。どうやら映画の音声…

究極の自己犠牲(映画:デッド・ゾーン)

今日はちょっと昔の映画を紹介したい。割と好きな映画。 以前に「そんなに有名じゃないけど、個人的にお勧めしたいSF映画6選」で紹介し忘れた映画と思った作品である。 blog.rei1963.net というか、以前の時にもアップしてから気が付いたんだけど、「SF」っ…

【ネタバレ】キャプテン・アメリカにハズレ無し!(映画:キャプテン・アメリカ シビル・ウォー)

先に書いておくけれど、まだ観てない人はこのエントリーは読まない方が良いと思う。面白さが半減しちゃうから。 正直ね、ドキドキでしたよ観る前は。アベンジャーズみたいにヒーローが入り混じって出てくると、ストーリーが希薄になって面白さが半減しちゃう…

自然の厳しさと、壮絶な復讐劇「映画:レヴェナント 〜蘇えりし者〜」

レオナルド・ディカプリオが悲願のアカデミー主演男優賞を獲得した映画、「レヴェナント 蘇えりし者」を早速見てきた。 西部開拓時代のアメリカ北部の極寒の地で狩猟により毛皮を採取するハンターチームがネイティブアメリカンに襲われ、多大な犠牲を払いつ…

人生には多くの想いがあり、それを経て人間は前に進むのである【ネタバレ】映画:海街diary

人気コミックの実写映画は大抵は酷評を受けるものである。それは、いくつか理由はあると思うが、大きくは、そもそも物語自体に思い入れが強いが故に、微妙にストーリーが変わっていたり、大切な場面が抜けていたり、キャラクターが自分の想像と違う場合だろ…

おすすめヒューマンドラマ映画7選

誰もが「嘘」だと分かるようなことを平然と言う大人にはなりたくないよな・・と毎朝のニュースを読んで思う。恥ずかしくないのか?いや、恥ずかしくないからこういう大人なんだろうな。大人の恥。子供の手本にならない大人。そんな人が溢れてる世界。しかも…